ユビキタス環境制御システム

ユビキタス環境制御システム
UECS(Ubiquitous Environment Control System)

三基計装株式会社の伝統あるスーパーミニがUECS(ウエックス)対応に

三基計装株式会社は、2010年に幕張メッセで開かれた「アグリビジネス創出フェア」の「生産技術」コーナー『ユビキタス環境制御システム研究会』ブースに「ユビキタス対応スーパーミニ」を展示しました。

農林水産省は、植物工場の環境制御システムに、いつでもどこでもコンピューティングの「ユビキタス環境制御システム」を普及させる方針です。弊社はこれに応えたシステムの供給を目指しております。環境制御システムについては過去長きにわたり日本植物工場学会において標準化を推進してきました。

民間企業の参加も多かったのですが、長く続いたデフレ環境下、農産物価格が低価格に留まる一方、エネルギー価格高騰、設備の根幹となる金属や被覆材用化成品材料価格の高騰で、施設園芸業界は資材コスト高と経費高、産品安の狭間で苦しみ、安価な設備へと傾注せざるを得ず、後継者も育たない状況が生まれました。農業者は高齢化し、設備メーカーは撤退する企業が相次ぎました。今や環境制御システム分野には大手企業は残っておりません。


△インターネット経由でノートPC、スマートフォン、携帯端末へ

出先からも現場監視、設定変更が可能となります。UECSのノード管理はWebブラウザーだけで完結し、特殊なソフトウェアが不要なので、スマートフォン、PDA、携帯用ゲーム機などの小型安価な携帯情報端末で、温室の管理ができるようになることを意味します。これが「ユビキタス」の由来です。

ユビキタス環境制御システムとは?

ユビキタス環境制御システム研究会(UECS研究会)のWEBサイトへ図を転載しております。

施設園芸や植物工場における計装の在り方

「従来の制御システム」と「UECS(ウエックス)」の違いは、制御システムの構成法です。フィールド情報は「センサ」で測定し、「コントローラ」で制御演算し、「アクチュエータ」で操作して適切な状態へと矯正されます。「アクチュエータ」というカタカナ言葉は日本では余り汎用的ではありません。「操作器」というように言いますが、コントローラの手足となって動かす機器、具体的にはモータやバルブ(弁)、ヒータ、冷凍機などを指します。植物工場で言えば、天窓開閉、暖房機、カーテン、循環扇、排気ファン、ポンプ、電磁弁などです。

  • 1.規模に対応して最適な計装を選ぶ

    コンパクトなシステム、すなわち施設園芸などの温室環境制御では「従来の制御システム」がコストパフォーマンスの面から適していました。こういうところに「UECS」を適用しようとすると、コスト高になります。「コントローラ」のみならず、「センサ」も「アクチュエータ」もノードとしてCPUとネットワーク・インタフェースを搭載するからです。
    この問題はすでに工業界や空調業界では1980年頃から試行錯誤され、1995年頃から「UECS」のようなシステムが普及しました。ただ、現在でもこれら業界では「制御盤計装」が一定の地位を占めております。その理由はコストパフォーマンスです。計装システムの世界では、常にお客様の求めに応じて最適なシステムを提供すべきで、要求の第一はコストにあるのです。

    植物工場のような広域で大規模なシステムでは、省配線でネットに繋がる「UECS」のようなシステムが今後求められます。
    企業体が経営する植物工場では、工業的発想が必要ですが、あくまで生き物が相手なので、ユビキタスが有用となります。ゴルフ場にいても海外旅行先でも、いつでもどこでも現場を監視できるユビキタス・コンピューティングと計装の融合です。
    これが発展すれば、計装システムの理想と言えるでしょう。